1歳半健診の内容とは。積木や指差しができなくても大丈夫?

悩む女性 子ども
スポンサーリンク

1歳半~2歳の間に受ける1歳半健診。

赤ちゃんだった頃の乳児健診とは違い、事前の問診票には発語のことや人とのやりとりについてなどが書かれていることでしょう。

「うちの子ぜんぜん話さないけど大丈夫かな?」

「健診でできなかったらどうなるの?」

と不安に思っているママたちも多いはず。

今回は我が家の2人の子どもが受けた1歳半健診の経験をふまえながらお話していきます。

これから1歳半健診を受けるママたちが抱いている心配事が少しでも解消できたらと思うので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1歳半健診は身体と精神面の発達チェック

赤ちゃんの乳児健診

まず1歳半健診は、身体の健康保持や精神の発達チェック、虫歯予防や生活習慣の自立などを目的として行うと厚生労働省が定めています。

発育、発達状況を把握することで運動機能や精神面での遅れや虐待の発見につながることも。

また栄養指導で子どものよりよい健康を促進したり、歯科指導で虫歯予防をしたりと子育てのサポートもしてくれますよ。

保護者は日々の心配事や悩みを保健師や医師に話すことができる場でもあります。

今まで1人で抱え込んできた悩みがある方は、1歳半健診の機会に打ち明けるのもいいかもしれません。

1歳半健診は子どもの健康を維持するため、障がいの早期発見にも

1歳半健診は定期健診として義務付けられているものです。

未受診だともちろん市町村から連絡がきますし、場合によっては家庭訪問もありえます。

もし虐待を受けている子どもが健診を受けられていなかったら、親があえて受けさせていなかったら。

このような子どもを守るために、虐待を防ぐ意味でも1歳半健診を含む定期健診は実施されているのです。

また言語や聴覚、指先を使った遊びなどを通して物事がどれくらい理解できているかの発達状況をチェックします。

そこで発達に大幅な遅れが見つかったり、いわゆる発達障害の早期発見につながったりと子どもが大きくなる前に発達について何かわかることがあるかもしれません。

発達障害は早期に支援することで子どもの可能性を伸ばすことができるといわれています。

子どもの身体の健康を保つために、虐待や障がいの早期発見のためにも1歳半健診ってとても重要なんです。

おちび
おちび

でも1歳半健診で発達障害って診断されることはまずないと思うので!

「どうしよう」って不安になっている方はリラックスして

健診に行ってくださいね!

チェック項目はありますがテストではなく、あくまで目安ですよ。

1歳半健診の具体的な内容は?

各市町村で少し違うかもしれませんが、わたしの住んでいる市で行われた1歳半健診の内容をお話しますね。

・保健師による問診
・身体測定
・歯科検診
・内科検診
・歯科指導と栄養相談
・保健師による確認

待ち時間も長いのですが、ざっと2時間ほどかかりました。

まず保健師の問診は事前に書いてきた問診票を元にお話します。

生活リズムや食事のこと、好きな遊びやママが子育てをしていて気になっていることなどを具体的に質問されるので、ありのままにお話してみてください。

「こんなことしてたらだめよ!」

とかそんな厳しいことは言われないと思います(笑)

「お菓子食べさせすぎると虫歯になりやすいからねー」

「もう少し早く寝れるといいですね」

このレベルではないかと(笑)

でも中にはきつい保健師さんもいるみたいなのでちょっとどきどきしますが。

ひと通り問診が終わったら3センチ角ほどの積木が積めるかどうか、指先の器用さを確認します。

次に数種類の絵が書いてあるボードのようなもので「車はどれかな?」などの質問に子どもが指差しをします。

物事がどれくらい理解できているかのチェックです。

そしてどれくらい意味のある発語があるか(ママ・パパ・ブーブー・ワンワンなど)の質問があります。

積木と指差し、発語はあくまで目安!
子どもによって個人差はとても大きいので、できていないからといって過度に落ち込まないで!

身体測定は体重・身長・頭囲・胸囲の測定。

歯科検診では虫歯と噛み合わせのチェックを、内科検診では心臓の音や耳がしっかり聞こえているかどうか、歩く姿勢など総合的な発育状況の確認をしてもらいます。

歯科指導は希望者のフッ素塗布と磨き方の指導をしてもらい、栄養相談では1歳半くらいならどれくらいの量を食べるのか、どんなものを食べさせたらいいのかなどのお話があります。

全ての項目が終わると再度保健師による確認です。

内科や歯科検診で問題がなかったかどうかや身体的な発育、運動機能に遅れがないかなど保健師からお話があります。

そして最初の問診で積木と指差しができなかった場合、ここでもう一度チャレンジです!

できなかったらわたしの住んでいる市では、次の健診までに様子を見させてほしいと再健診の案内が届きます。

要観察というところもあるのかなと思いますが、気になるようであれば市町村が実施している乳児相談に参加してみたり、専門機関などに問い合わせたりしてみてください。

ちなみに我が家は2人とも再健診でした(笑)

再健診になったからといって「うちの子は異常なんだ」と決めつけないでくださいね。
いつもと環境が違って緊張してしまう子どももいますし、長い時間拘束されているので機嫌が悪くなっている可能性も。
普段の生活や子どもとのやりとりの中で、どのようにすればよいのかアドバイスがもらえると思うので、親子で取り組んで様子をみてください。
ママが悩みすぎるより、子どもが楽しそうにしているのが1番です!

積木と指差しができない!引っかかるとどうなる?

積木を積むという細かな動き、物事を理解して意思表示をする指差し。

できなかったら発達が遅れてる?発達障害?

ぜんぜんそんなことありません。

1歳半で発達障害と決めつけるのは早すぎますし、正直引っかかってもどうもなりません(笑)

小さいうちからおしゃべりな子もいれば、マイペースな子もいます。

積木と指差しができることが全てではありません。

遊びの中でママが積木を積むお手本を見せたり、絵本を読みながら「これはワンワンだねー」と指差ししたりと、遊びの中で自然と取り入れるのがいいのではないかなと思います。

我が家の子どもたちが再健診になった理由は、実はどちらも指差しができなかったからなんです。
息子にいたっては積木もだめで全滅でした(笑)
でも今は積木も指差しもできますよ!

ただ息子の場合は、のちに療育へ通うことになったのでまたそのお話もしていきますね。

【まとめ】発達の個人差は大きい。それでも引っかかって不安な場合は保健センターなどに相談を

健診ではついほかの子どもたちと比べてしまって、あれもこれもできてない。

と落ち込みがちになりますが、小さい頃の発達は個人差が大きいもの。

悩みすぎるのもよくないですし、子どもも不安になってしまいます。

1歳半なんて、これからもっといろんなことを吸収して心身ともに成長していく過程です。

様々な遊びを通して親子で学んでいけたらいいですね。

もし引っかかって心配な場合は、各市町村の相談窓口などにお話してみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
webライター
おちび

webライターをしているおちびです。2人の子どもを育てる専業主婦をしています。好きなものはチョコと洋服、吹奏楽曲を聴くこと。目標は夫婦で在宅ワークで生活する!

おちびをフォローする
子ども
スポンサーリンク
おちびをフォローする
おちびのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました